ただ・・・なんとなく煮詰まってるただ、なんとなく、その場その場で、場当たり的に 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://blackred00.blog96.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

OpenOfficeBasic なんとなくやってみる:clearContent(511)

   ↑  2010/01/17 (日)  カテゴリー: PC
最近、仕事でExcelのVBAを使っています。
やはり仕事でプログラム組むと落ち着きますねぇ、現実逃避的行動でもばれないから!

 そんなこんなでOpenOfficeのマクロはどうなってるんだろ~とやってみることに。
とはいえ、マクロ言語はOpenOffice.org Basic, JavaScript, Python, BeanShellが使える・・・だと?
なんか、いろいろと検索結果に納得

 なんていうか、OpenOficeはJAVAなんだから基本はJAVAなんだろうけど、ここはBasicだろうと、勝手にBASICに決定。 個人的な趣味で、まずは制御文からべんきょ~

基本は、WikiBooksにわかりやすいのがありました。でもここだけではどうにもなりませんが^^;
OpenOfficeBasic

まずはサンプルプログラム(OpenOffice.org Basic 研究室より)

Sub Macro1
Dim oRange As Object
Dim oCellName As String

oCellName = "A1"
oRange = ThisComponent.Sheets(0).getCellRangeByName(oCellName)
With oRange
.clearContents(511) 'セルの現在値をクリアする
.Value = "12345"
End With
MsgBox "セル" & oCellName & "の値は " & oRange.Value & " です"
End Sub



 流れは、VBAなどと変わらないのでほとんど問題はありませんが、わざわざコメントを書いている「セルの現在値をクリアする」のclearContent(511)とはなんですか?
何をしたいかはわかるけど、数字の意味がわかりません。
クリアの条件を示しているのだけはわかりますし、数字的に「512-1」だから9個ビットが立っているのも想像つきます。おそらく何を消すか指示しているのでしょう。

 内容に、書式に・・・9つも思いつくかばかやろう!と叫んでみます。

そこで検索して行き着いたのが
OOoBasic - ...?

なるほど。deletecontentsの説明で、一瞬だけめんどくさいと思ったけど、これはこれで便利かも。

色々なデータ型の混在しているサンプルを作って、
A1をA1:B4の範囲指定
セルへのデータ入力をコメントアウト
メッセージのコメントアウト
511を適当に

変更したマクロでテスト。こりはおもしろい。
入力データの検証するときとか楽そうだなぁ

 ところで、いまさらながらだが、テストとか、調べるより、ブログを書くほうが、圧倒的に時間かかるのは問題ではないでしょうか?世のブロガーたちの気合と努力に敬服です。

 そんなわけで、勉強の糧過程をおっていこうかとも思いましたが、
何かを作って、その経過・・・ぐらいにしようかと思います。^^;

スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : アプリケーションソフト (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://blackred00.blog96.fc2.com/blog-entry-24.html

2010/01/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: OpenOfficeBasic なんとなくやってみる:clearContent(511)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。